自炊を始めた!ScanSnap iX500をレビュー

SPONSORED LINK

ScanSnap iX500

本の電子化いわゆる自炊を始めたわけですが、スキャナはScanSnap iX500を選びました。


ScanSnap iX500とは

ちょうど発売されたばっかりの新製品!

ScanSnap自体は自炊するうえでの定番製品ですよね。

カラー イメージ スキャナ ScanSnap (スキャンスナップ) : 富士通

今まであったScanSnap S1500がパワーアップしたのが、ScanSnap iX500です。

読み取り速度(スーパーファイン)が、両面・片面 20枚/分から、25枚/分と速くなっています。

あと安定した給紙を実現するために、ブレーキローラーを搭載しているそうですよ。

なんでも

世界トップシェアの業務用スキャナで培った給紙技術を継承し、ScanSnapシリー ズで初めてブレーキローラーによる原稿分離方式を採用。 原稿を1枚ずつ高速 に取り出すことが可能になり、重送による読み取りエラーを抑止します。

だそうです。

Paper feeding

 

今までのScanSnap S1500は、パッドユニットという、単に上から押さえるだけのゴム製のパッドだったのが、ScanSnap iX500では、ブレーキローラーに完全に違う仕組みに代わっている点がおおきな違いですね。

大きさは、292mm(幅)159mm(奥行き)168mm(高さ)、重さは3Kgです。

そんなに場所は取らないですね。私は、Mac miniの上に設置しています。

ScanSnap iX500 on mac mini 001

 

実際にスキャンしてみた 

スキャンスピード速い!

が~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜って感じで、読み込みが途切れない!

あっという間に一冊スキャン終わっちゃいました。

 

スマホへ直接連携できる

「ScanSnap Connect Application」という専用アプリでスキャンしたデータを直接スマートフォンに保存できます。

 

残念なところ

せっかくWi-Fi機能がありながら、PC/Macと接続できないこと。USB経由になってしまうこと。これが非常に残念。もしかしたらあとからそれに対応した機種が出るかも。そしたらショックだなぁ。。。

 

というわけで私@danimesaがお送りいたしました。

 

ScanSnap iX500は、現時点で自炊するのに一番おすすめのスキャナです。

 

読んでいただきありがとうございました。

Written by Yoshikazu Satou

コメントをどうぞ!

アーカイブ

Copyright© 2012-2016 Yoshikazu Satou & [b]物欲という名のブログ All Rights Reserved

Designed by WPSHOWER

Powered by WordPress