自炊が捗るな!本の断裁にDurodex StackCutter 180DXを使う

SPONSORED LINK

Durodex StackCutter 180DX 001 

突然ですが本の電子化いわゆる自炊をはじめました。そして自炊するのにあたって、本を断裁するのにわたしが選んだ、Durodex StackCutter 180DXについてレビューします。


Durodex StackCutter 180DXを選ぶまでの道のり

定番断裁機としては、プラスのPK-513Lが有名だったりしますが、ネットで色々調べてみると、断裁能力は素晴らしい!。。。ただ、取っ手が畳めないので邪魔になるそうで。

PK-513L

PK513L

邪魔なのはちょっとなぁと思い、さらに他の断裁機について調べてみました。

すると他にも、内田洋行の180AT-P、Durodexの180DX、200DXがあり、プラスのPK-513L含め、高崎精器というメーカーのOEM製品ということがわかりました。

180AT-P

そんでもって、プラスのPK-513Lにはなかった取っ手が折りたためて、しかも立たせて収納できるようになってます。

というわけで、3つある中で安かった、Durodexの180DXを選びました。

Durodex StackCutter 180DX

なお、Durodexの180DXと内田洋行の180AT-Pはまったく同じ製品で、Durodexの200DXはそれらの最新機種です。

断裁能力

メーカーの記載によると、コピー用紙約180枚まで断裁できます。(型番はここからきているのか?)

厚さで言うと15mm。

実際試してみました。

コミック本(鋼の錬◯術師w)を断裁してみましたが、一冊を一発で断裁出来ました。

Durodex StackCutter 180DX 002 

 

折りたためるので収納に便利

取っ手が折りたためて、しかも立てられる。幅が約16cm。場所を取らない。

Durodex StackCutter 180DX 003 

 

まとめ

スペックをまとめるとこんな感じ

  • サイズ:幅 400 x 奥行 340 x 高 145mm
  • 重量:9Kg
  • 断裁厚:15mm(コピー用紙約180枚)
  • 断裁幅:306mm(A4ヨコ対応)

折りたためてコンパクトに収納できて、日本製で、断裁能力も高くて自炊が捗る、オススメの断裁機です。

というわけで私@danimesaがお送りいたしました。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

Written by Yoshikazu Satou

コメントをどうぞ!

アーカイブ

Copyright© 2012-2016 Yoshikazu Satou & [b]物欲という名のブログ All Rights Reserved

Designed by WPSHOWER

Powered by WordPress