ソニーサイバーショットDSC-RX100M2のケースはsuonoにしました、ピッタリでフィット感バッチリです

SPONSORED LINK

B00E3QBQ6Y

基本、ソニーサイバーショットDSC-RX100M2はむき出しで使っています。どうもヨシカズ(@danimesa)です。

ただそれだとかばんのなかに入れた時に、ちょっと気になるという感じがしていました。

どういう感じかというと、キズがつくんじゃないかなあと気になっていました。

なので、DSC-RX100M2を入れるのにちょうどいいケースはないものかと探して、見つけました。


suono(スオーノ) ハンドメイドケース

カメラのモデルごとに、ハンドメイドのケースを出しています。

前モデルのソニーサイバーショットDSC-RX100もありまして、先日、DSC-RX100M2用のケースも発売になりました。

他にも、リコーGRのケースとか、けっこういろいろ出しています。

ではさっそく実物をみてみましょう。

Suono DSC RX100M2 case 001

こんな感じで包装されてきます。

 

Suono DSC RX100M2 case 002

ケースを出してみました。

 

Suono DSC RX100M2 case 003

横から見るとこんな感じです。

 

Suono DSC RX100M2 case 004

フラップを開けてみました。中はカラフルな生地になっています。

 

Suono DSC RX100M2 case 005

ソニーサイバーショットDSC-RX100M2を入れてみました。こんな感じでピッタリです。

 

 

というわけで私、ヨシカズ(@danimesa)がお送りいたしました。

 

生地の材質的には、柔らかい感じで、手触りもいいです。

フラップはマジックテープで止めるようになっています。

お値段が4千円ちょっとするので、高いと思われる方もいるかもしれません。

わたし的には、これでソニーサイバーショットDSC-RX100M2に、傷が付くことを気にしないでいられるようになったので、満足しています。

 

以上読んでいただきありがとうございました。

Written by Yoshikazu Satou

コメントをどうぞ!

アーカイブ

Copyright© 2012-2016 Yoshikazu Satou & [b]物欲という名のブログ All Rights Reserved

Designed by WPSHOWER

Powered by WordPress