[IMAX 3D]唸る鉄拳!轟く咆哮!「パシフィック・リム」観てきたッ!

SPONSORED LINK

パシフィック リム 001 

最近映画館に行く機会が増えてきました。どうもヨシカズ(@danimesa)です。

今回は、巨大ロボットが怪獣と死闘を繰り広げる映画「パシフィック・リム」を観てきました。

そしてわたしは初めてになるんですが、迫力のある映画が楽しめることで注目を集めている「IMAX」の映画館に行って来ました。


行ってきた映画館は「ユナイテッド・シネマ浦和」

ユナイテッド シネマ浦和 001

IMAXデジタルシアターのある映画館です。浦和が湘南新宿ラインの停車駅ということもあって、交通の便の面がよいということで、「ユナイテッド・シネマ浦和」で観ることにしました。

ユナイテッド・シネマ浦和 | 浦和パルコ6F | 映画館

 

IMAXデジタルシアターとはなんぞやということになりますが、まあ簡単にいえば迫力のある映像と音響が楽しめるということになろうかと思います。

ユナイテッド・シネマ UNITED CINEMAS – IMAXデジタルシアターとは?

 

ユナイテッド シネマ浦和 002

なかの雰囲気はこんな感じです。ここもやっぱりポップコーンの匂いで映画館だなあと思わせてくれます。

 

ユナイテッド シネマ浦和 003

今回観た「パシフィック・リム」は、IMAX 3Dの字幕版で、3Dメガネはこんな感じで、メガネの上からかけられるようになっています。

 

「パシフィック・リム」の感想

パシフィック リム 003

面白かったです。巨大ロボット(イェーガー)とバカでかい怪獣が戦うことにカタルシスを感じれたり、ちょっと見てみたいなあと思える人は見て損はないと思います。

いっぽう感動する要素はあまりないし(自分の場合はですけど)、恋愛要素も基本的にはないので、映画にそういったものを求める人には向かないかもしれません。

ヒロインは、菊地凛子(と芦田愛菜)なので、個人的にはそこも特にポイントではなかったですね。

西洋人から見たら、菊地凛子の顔立ちは、東洋人の美人顔ってことなんですかね。顔立ちの点で、特に目ですかね。まあそういうので選ばれたのかなあと思いました。

芦田愛菜ちゃんは、結構重要なシーンで登場していました。なかなか良かった。

イェーガーは各国代表みたいな感じで、それぞれ特色があって面白かったです。日本代表も出てきます。登場するイェーガーをまとめた記事です。

巨大ロボットが怪獣と戦う映画「パシフィック・リム」の日本公開日が8月9日に決定!登場するのはこいつらだ!

 

まとめると頭を空っぽにして、難しいこと考えなくて、楽しむ映画だと思いました。

 

IMAXデジタルシアターの感想

3Dはクリアで迫力があって、最初はじまった時感動しました。こりゃスゴイなと。

視界が全部スクリーンでいっぱいになる、そういう席だったので、映画への没入感がとてもありました。

音響も良かった。映画館で映画を観ていいと思えるひとつの要因は、音の迫力が自宅とは比較にならないほどあるということ。このIMAXデジタルシアターでもそれを感じました。

 

というわけで私、ヨシカズ(@danimesa)がお送りいたしました。

 

大人2,200円でした。また観に行ってもいいかなというぐらい気に入りました。

次に観に行きたいのは、「エリジウム」ですね。「第9地区」の監督さんの作品です。これもIMAX3Dで公開されます。

 

以上読んでいただきありがとうございました。

Written by Yoshikazu Satou

コメントをどうぞ!

アーカイブ

Copyright© 2012-2016 Yoshikazu Satou & [b]物欲という名のブログ All Rights Reserved

Designed by WPSHOWER

Powered by WordPress