水曜どうでしょうのテーマソングを歌った樋口了一が病と戦っていることを知ってショックを受けた

SPONSORED LINK

B0007WZZL0

わたしの大好きなテレビ番組の一つである、「水曜どうでしょう」。

その「水曜どうでしょう」のテーマソング「1/6の夢旅人」を歌っている樋口了一。

彼が現在病と戦っていることを知り、ショックを受けました。


1/6の夢旅人

手紙〜親愛なる子供たちへ〜

樋口了一が患っている病気 

樋口了一が患っている病気は、筋肉が萎縮する進行性の原因不明の難病であるパーキンソン病。

シンガーソングライターである彼にとっては、ギターを弾くことが難しくなったり、そもそも歌うことが困難になってしまうやっかいな病気。

パーキンソン病であることが判明したのは、2009年3月。ちょうど「手紙〜親愛なる子供たちへ〜」が注目された頃で、歌の内容が、自身の病気と重なることが偶然とはいえ、そこで注目されることが嫌で、病気の公表は控えていたそうです。

最近になって、NHKのドキュメンタリーの放送があり、番組を通じて公表したそうです。

わたしは今日の朝テレビ番組で取り上げられていて知りました。

わたしの大好きなテレビ番組の一つである、「水曜どうでしょう」。

その「水曜どうでしょう」のテーマソング「1/6の夢旅人」はわたしの大好きな曲です。よく聴いていました。

なので、その歌を歌っている樋口了一さんがパーキンソン病であることを知ってショックでした。

 

というわけで私、ヨシカズ(@danimesa)がお送りいたしました。

 

パーキンソン病という難病にかかっても前向きな彼をこれからも応援していきたい。 

 

以上読んでいただきありがとうございました。

Written by Yoshikazu Satou

コメントをどうぞ!

アーカイブ

Copyright© 2012-2016 Yoshikazu Satou & [b]物欲という名のブログ All Rights Reserved

Designed by WPSHOWER

Powered by WordPress