Apple(iOS)はエコシステムの構築を目指し、Google(android)はマーケットシェアの拡大を目指す

SPONSORED LINK

Google and apple

Attribution Some rights reserved by jardenberg

スマートフォンとモバイルOSの競争に関して、とても納得できる記事があったのでご紹介します。


モバイル市場の王座は一つではなく二つある

 

モバイル市場の王座は一つではなく二つある–FlurryがAndroidとiOSの性格の違いを強調 | TechCrunch Japan

 

どういうことか?

モバイル市場に関するFlurryの最新のレポート

・Androidはデバイスのマーケットシェアを支配

・iOSはアプリ内消費時間ではトップ、累積総時間だけでなく、デバイス1台の平均時間でもトップ

・iOSとAndroidではユーザーのタイプが異なる。

・iOSのユーザーは、iPhone/iPadのアプリに魅力を感じている。

・Androidのユーザーは、アプリが主眼ではなく、安い携帯電話という点に魅力を感じている。

・Androidの分裂がアプリ開発の障害になっている。だからアプリのクォリティがiOSのレベルに達せず、配布にも問題がある。

・Appleには大きくて深いエコシステムがある。デベロッパが力を注ぎやすい。

 

単一の競争でどちらが勝つかというよりも、複数の観点でそれぞれ目指しているところが違うという見方は、現実的で成熟した見方であり、Appleのエコシステムの支配と小さなマーケットシェアは企業目標にフィットしているし、Google/Androidの場合は、単一のまとまりの良いエコシステムというものはないけれども、グローバルに物理的なシェアを伸ばすことが重要な目標になっている。そしていずれにしてもどちらも第二勢力が伸びてくる兆しはないと結んでいます。 

 

というわけで私、ヨシカズ(@danimesa)がお送りいたしました。

 

スマートフォンとモバイルOSの競争について、端的にまとめてあって、腑に落ちる内容の記事でした。

 

以上読んでいただきありがとうございました。

Written by Yoshikazu Satou

コメントをどうぞ!

アーカイブ

Copyright© 2012-2016 Yoshikazu Satou & [b]物欲という名のブログ All Rights Reserved

Designed by WPSHOWER

Powered by WordPress