AppleのiOS標準MDMでできること、できないこと - TechTargetジャパン スマートモバイル

SPONSORED LINK

a0001_016120

AppleのiOS標準のMDM:モバイルデバイスマネジメント:にはできることとできないことがあって、必要となるのは企業にてiOSデバイスを社員が利用するケースです。

AppleのiOS標準MDMでできること、できないこと - TechTargetジャパン スマートモバイル

現在以下のケースについてiOSデバイスを管理することができます。

IT部門はiOS MDMを利用することで、暗号化によるバックアップ制限を一元的に配備、適用でき、社内データが個人のクライアントPCに流出するのを心配しなくて済む。IT部門は業務用アプリケーションの購入を従業員任せにするのではなく、iOS MDMを利用してアプリケーションのインストールを促したり、ライセンスを配布することができる。さらに、IT部門はアプリケーションのインストールとアップデートのタイムリーな実行を従業員に任せなくても、更新されたプロファイルをプッシュ配信したり、更新が遅れている端末を自動的に隔離したりできる。

しかしAppleのiOS MDMもすべてのケースに対応できるわけではありません。

IT部門はiOS MDMを使ってアプリケーションのインストールを促し、その状況を確認することはできるが、従業員がインストールしたアプリケーションを削除することはできない。また、iOS MDMを利用してiCloudでのバックアップやドキュメントの同期を有効にしたり無効にする制限付きプロファイルを配信することはできるが、連絡先と音楽ファイルのバックアップを許可しつつ、メールとドキュメントのバックアップを禁止する、といったことはできない(これは従業員が端末に設定するしかない)

ただし以前と比較して管理しやすくなっているのは確かで、できることとできないことの見極めが大事なようです。

というわけで私、ヨシカズ(@danimesa)がお送りいたしました。

以上読んでいただきありがとうございました。

Written by Yoshikazu Satou

コメントをどうぞ!

アーカイブ

Copyright© 2012-2016 Yoshikazu Satou & [b]物欲という名のブログ All Rights Reserved

Designed by WPSHOWER

Powered by WordPress